きく

犬山の今をきいてきた記事はこちら!
スポットの紹介ではなく、編集部が気になった事案をその人に聴いてきた記事になります。

【広告】
【特集】犬山市政と市議会をみる

市民フリースピーチに参加してみるぞ~資料編

ビアンキ・アンソニー犬山市議会議員が提案した「市民フリースピーチ」は2020年3月議会で6回目を迎える。この試みが全国的にも珍しく、大変多くの市町村からの視察依頼が来ているのだそう。しかし、2019年に実施した市議会議員選挙は投票率49%という結果に終わっている。市民にとって良い施策なのだけど回を追うたびに登壇者も減っているという現状だ。 今回は編集長の岩田が、この市民フリースピーチに参加する。とその前に、何をお話するのか?5分で読める記事にまとめてみたのでご一読いただければ幸いだ。
きく

「市民と語る会」今年は1月25日に開催だ!

犬山市議会では市民の皆さんのご意見を市政運営に反映させるため平静23年から定期的に意見交換会を開催しています。今年の開催は1月25日(土)、場所は南部公民館です。 気になる内容は?ちょっとまとめてみました。
きく

「私がマルシェに出る理由~」犬山線ふれんずがミュージカルになる日

犬山線ふれんずというマルシェイベントをご存知ですか?2012年から通算9回開催されている人気のマルシェイベントで、来る3月22日に犬山線ふれんずを題材にしたミュージカルが江南市市民文化会館小ホールで開催されます。今回はそのミュージカルの詳細が届いたのでお知らせします。
きく

東海地方で活動するゲームミュージック演奏団体が犬山に集結!

ここ最近の音楽ムーブメントで一つのジャンルとして確立を始めた「ゲームミュージック」。このゲームミュージックを専門に演奏している演奏家がここ最近東海地方でも増えつつあり、ストリートでいろいろな楽器を使ったアーティストが各地で活動しています。この多様性を一つにまとめてみよう!というのが今回紹介する「東海ゲームミュージックフェス(以下棘フェス)」です。
きく

哲学とは疑問の入り口に立った人の悩みを解決する手段の一つだ【犬てつ・アートde哲学対話10/5開催】

哲学という学問が世にあらわれて広く知られたのは1800年代のことだ。考える人とか、考える人とか、考える人とか…。哲学と聞いてもし少しでも興味があるのならあなたはもうその入口に立っているのかもしれません。 今回はそんな哲学をアートde考えてみようという犬てつの試みを紹介します。
きく

【祝!甲子園出場!】誉高校に行って色々と話しを聞いてきました!

誉高校へ取材に行ってまいりました。野球部の活動グランドである誉グランドも合わせて。そこで3日に決まった組み合わせと対戦相手をきいたのですが、初日の1試合目とか…。事務局長の田島様と校長先生が最も恐れていた事態になってしまいました。 今回は前回記事の追加。寄付金の振込口座も控えてありますので皆さんどうかご厚意をください!
きく

【祝!甲子園出場!】誉が起こした素敵な話~たった3人のブラスバンドが起こした奇跡

小さな流れが時として大きく強く流れて行くことになることがある。小牧市の誉高校野球部が2019年の甲子園出場を決めた。野球部すごい!となりがちだが実はそこには在校生3人の小さくも強い流れがあったのだ。今回はそんな小さなブラスバンドの話。
きく

夏だ!花火だ!木曽川河川敷で宵のマルシェやってるよ!

今年もこの季節がやってきました。そう、木曽川ロングラン花火の季節。8月1日から8日までの8日間、ロングラン花火として午後8時から200発ほどの花火が打ち上げられます。 夕涼みに、ちょっとデート気分などなど…木曽川河川敷へ出かけてみませんか?
きく

犬山城が工事期間に入ったぞ!工期予定は9月30日まで!

予てから犬山城の保全工事が行われるとアナウンスが有りましたが、いよいよ8月1日から工事が始まります。保全工事に伴う入場規制もされることになり、外壁の補修も同時に行うとのことなので、現地取材を基に入場規制の内容や工事内容をまとめてみました。
きく

【連載コラム】賊がいた!~尾張を開いた木曽川文化・2

「木曽川に賊がいた」という話を聞いたことはないだろうか?賊という言葉自体、あまり聞こえのいいフレーズではないが、犬山には確かに賊がいた。それも昭和の初めくらいまで、確かにいたのだ。 このコラムは結構綿密な取材の上で書いてる。コラムとは事実関係を踏まえた随筆だと筆者なりに思うのだが、調べれば調べるほどわからなくなr…。 今回は木曽川まつりに犬山さんぽ編集長の筆者が関わる理由。これを書いておかないと進まないのである。
タイトルとURLをコピーしました