日本モンキーセンターがTABICAで面白いツアーを企画してるぞ!

日本モンキーセンターさんが着地型シェアリングエコノミープラットフォームのTABICAさんを使って観光ツアーを企画してるぞ!気になるその内容や費用は?ちょっとまとめてみた!

【広告】

日本モンキーセンター×TABICAのツアー内容は?

Tabicaモンキセンター

今回モンキーセンターが発表した園内ツアーは「事務員とめぐる園内を作業している飼育員産を探して散策しよう!」という内容です。飼育員さんはそれぞれのお猿さんを担当していて、餌やりなどの普段のお世話をされています。その飼育員さんから直接お猿さんの特徴や魅力を聞けるツアーで、普段知ることのできない飼育員さんたちのお仕事を覗けちゃうプログラムです。

この企画を立ち上げたのはモンキーセンターにお勤めする事務員さん。何かしら園のためにならないかと模索して、犬山市が薦めるTABICAの説明会に参加したのがきっかけで、企画されました。

【広告】

TABICAの申込方法は?

このツアーの参加申込はTABICAのサイトからのみ申し込みできます。

モンキーセンター現役事務員と行く!飼育員たちと出会える動物園満喫ツアー | TABICA この体験が、旅になる。
入園ゲートで集合。参加者のみなさまの自己紹介のあと、園の南から北に向かって飼育員探しをします。最初のエリアは類人猿が暮らすアフリカセンター。飼育員を探して作業を観察します。次にワオランドに入り、担当飼育員とゆっくりおしゃべり。その後、...

開催日時は2019年12月26日(木)。平日開催ですが、すでに冬休みの学校も多くないですか?お子さんと一緒に参加してみてはいかがでしょう?

気になる参加費用は大人一人(中学生以上)3000円(入猿料、お土産付き)、小学生は2000円、未就学児は1500円となっています。

え?入猿料込で、事務員さんに園内案内してもらえて、飼育員さんと交流できて、ちょっと体験もやらせてもらえそうで、この値段なの!?しかもお土産付き、超絶お得なコンテンツですよこれ。

申込方法はTABICAのサイトからのみ受け付けてますが、このコンテンツは人気を呼びそう。担当者に電話取材を入れたら、既に数人の申し込みがあるとか。あまりにも大勢申込みがあるようなら、打ち切ると言ってましたし、迷われるなら直ぐに申し込んだほうがいいですね。

TABICAは日本全国の小さな体験が集まったプラットフォームでその地域にしかない魅力的な体験観光がたくさん。TABICAから「犬山」を検索すると13個ほどコンテンツが登録されています。

【広告】

定期開催なるか?聞いてみた!

TABICAのコンテンツは今後継続的に開催されるのか?モンキーセンターファンの方なら気になる所ですよね?そんな訳で、早速このコンテンツを作った担当の方に聞いてみました。

電話取材という形でお応えいただいたのですが、今後は不定期で開催を検討しているとのこと。「普段の仕事をした上ですから…」とおっしゃっていましたが、開催の検討はされているのだとか。

モンキーセンターは今、中で務めているスタッフさんが一生懸命盛り上げています。週末に伺って、もし園内で飼育員さんにお会いすることがあったら「ツイッター見てますよ!」と声をかけてみてはいかがでしょう?

TABICAのモンキーセンターアカウントは下記。

日本モンキーセンター | TABICA この体験が、旅になる。
公益財団法人日本モンキーセンターが運営する、世界屈指のサル類動物園です。霊長類の飼育展示種数は、約60種850頭と世界最多!!霊長類の特徴を活かした展示やガイド&イベント、キュレーターによる博物館活動など、一味ちがった動物園です。

モンキーセンターのツイッターアカウントもTABICAツアーを随時発信するとおっしゃってましたので、ぜひフォローしてみてください!

日本モンキーセンター(公式)(@j_monkeycentre)さん | Twitter
日本モンキーセンター(公式) (@j_monkeycentre)さんの最新ツイート 霊長類(サルのなかま)を飼育展示する動物園・博物館です。「サルしかいないのに、楽しいの?」そんな疑問にお答えすべく、動物園スタッフが全力でつぶやきます!コメントなどはメチャクチャ楽しく読ませていただきますが、返信はおこなっておりません。...
タイトルとURLをコピーしました