ホテルインディゴ犬山有楽苑でロングラン花火と贅沢な体験を

【広告】

ホテルインディゴ犬山有楽苑は、2024年8月1日から10日までの10日間、木曽川に浮かぶ花火船から打ち上げられる花火を客室から観覧できる特別プランを提供する。予約期間は2024年5月17日から8月7日で、料金は2名1室で103,100円からとなっている。また、このプランにはモエ・エ・シャンドンのシャンパンとホテルオリジナルカナッペ、朝食が含まれている。

花火とリラックスタイム – ホテルインディゴ犬山有楽苑の夏の魅力

写真引用:ホテルインディゴ犬山有楽苑

壮大な木曽川を背景に花火が10日間連続で打ち上げられるロングラン花火が、この夏、ホテルの目の前で堪能できる。モエ・エ・シャンドンのシャンパンと、ネイバーフッドの食材を使用したホテルオリジナルカナッペを提供し、リラックスタイムを一層華やかに盛り上げる。大切な人と過ごす贅沢な時間に、花火の美しさと音が調和し、夏の非日常を満喫できる。

写真引用:ホテルインディゴ犬山有楽苑

予約は2024年5月17日から8月7日まで受け付けている。宿泊は2024年8月1日から10日までで、料金は2名1室で103,100円からとなる。提供内容は、3階以上の木曽川ビュープレミアムルーム確約、モエ・エ・シャンドンとホテルオリジナルカナッペ、そして朝食付きだ。

表示料金には税金とサービス料が含まれ、写真はイメージとなる。入湯税は別途150円が必要で、予約は宿泊の3日前まで受け付けている。予約の変更やキャンセルは、到着3日前までとなっている。また、内容は仕入れ状況により変更となることもある。

ホテルインディゴ犬山有楽苑は、名古屋の奥座敷・犬山に位置していて、壮大でエネルギッシュなホテル体験を提供している。隣接する国宝茶室「如庵」を有する日本庭園有楽苑や、近くを流れる木曽川と迫力ある国宝犬山城天守、そして城下町のグルメや祭り文化のにぎやかでカラフルな世界が広がる犬山を、訪れる者に体験させている。

世界中どこにあっても、その街の個性と地元の魅力を映し出すライフスタイルブティックホテルがホテルインディゴだ。訪れるゲストの好奇心をくすぐるようなクリエイティブで温かい空間が特徴で、刺激的なストーリーで溢れるネイバーフッドへの扉を開いている。

IHGホテルズ&リゾーツは、True Hospitality for Goodを提供するグローバルホスピタリティーカンパニーで、世界100ヶ国以上に6,300軒以上のホテルを有し、約2,000軒のホテルを開発中だ。また、IHGワンリワーズは、世界最大級のロイヤリティプログラムで、様々な特典を提供している。

日本国内では、2006年12月にANAとのジョイントベンチャー会社であるIHG・ANA・ホテルズグループジャパンを設立し、ANAとの共同ブランドを含む7ブランド、47ホテル、約14,000室を展開している。さらに、2025年には日本初の「ヴィニェット コレクション」ブランドを冠するリーガロイヤルホテル大阪 ヴィニェット コレクションを開業予定で、日本においても拡大を続けている。

WEBサイト: https://inuyama.hotelindigo.com/

Instagram: https://www.instagram.com/hotelindigoinuyama/

LINE:https://lin.ee/FBcLGV4

タイトルとURLをコピーしました